お知らせ

2020年 春のスギ花粉情報

昨年(2019年)は暖冬のため、福井市のスギ花粉総飛散量は過去10年間で最も多く、飛散開始日も例年より早くて2月20日でした。

今年(2020年)も暖冬が続いており、昨年と同じ2月21日頃が飛散開始日と予想されています。しかし、総飛散量は平年並みで、昨年の半分程度の予想です。
(日本気象協会 2020年春の花粉飛散予測:http://tenki.jp/pollen/expectation/

花粉症は早めの治療開始で症状が軽くなります。2月中旬までに抗アレルギー薬の内服を開始して、2月下旬からの飛散開始に備えましょう。

では、いつまで花粉飛散が続くのでしょうか?
→ 昨年の福井市におけるスギ花粉飛散開始は2月20日、終了は4月18日でした。また、類似のヒノキ花粉は4月5日飛散開始、4月26日終了でしたから、ゴールデンウィーク前まで症状が持続すると考えてください。

<花粉シーズン中の注意>
・上着は玄関で脱ぎ、花粉を室内に持ち込まないようにしましょう。
・外出時はマスクや花粉症用のメガネを使用しましょう。
・目のかゆみがある時は目薬を積極的に使いましょう。
(コンタクトレンズをしていても使える目薬があります。)

<インナーマスクのすすめ>
 外で仕事をする人、特に山間部のスギ林の近くで仕事をする人は、市販のマスクだけで花粉を吸い込むのを完全に防ぐことはできません。そこで、99%以上花粉をカットできる「インナーマスク」を自作して使用されることをお勧めします。(環境省 花粉情報サイトhttp://www.env.go.jp/chemi/anzen/kafun/:花粉症環境保健マニュアル 2019のPDF 23ページ目)

<抗アレルギー薬服用中の注意>
 薬の服用によって「ねむけ」が出る人は自動車の運転を控える必要がありますが、眠気が出にくい薬剤もありますからご相談ください。

<舌下免疫療法>
 毎年花粉症の症状が強い方、従来の治療に満足していない方、薬の量を減らしたい方、近い将来に妊娠を希望されている方には、舌下免疫療法(体質を根本的に改善する新しい治療法)がおすすめです。